農機具買取の豆知識
エンジンが掛からない時の大きな理由(査定につなげる)

農機具を使っていると、エンジンが掛からない時もよくあるでしょう。
では、エンジンが掛からない時はどのような理由があるのでしょうか?
ここでは、エンジンが掛からない時の大きな理由についてご紹介しましょう。

●バッテリーが上がる
エンジンが掛からない時の大きな理由としては、多くあるのがやはりバッテリー上がることです。
この場合は、慌てないでチェックしてみましょう。
ランプをつけたままにしていた、キーがONのままであったなどが考えられます。
もし、このようにことが分かれば、バッテリーが上がっている可能性があります。
この場合は、セルモーターのカチカチという音のみがする、あるいは全く回らなくなります。
バッテリーの充電を、バッテリーチャージャーでするとエンジンが掛かります。
バッテリーが上がる要因がなければ、バッテリー自体の状況をチェックしましょう。
液量の上下限の線がバッテリーにはあり、液量がこの間に収まっていると問題ありませんが、下限より下になっていると液量が足りなくなっているためバッテリー液の補充が必要です。
しかし、バッテリーがメンテナンスフリーの場合は、補充が基本的にできない場合が多いため業者に依頼しましょう。
これ以外には、バッテリーターミナルが腐食しているため通電しない、バッテリーの腐食、劣化なども考えられます。
また、気温が低いため、非常にバッテリーの性能が悪くなっている場合もエンジンが掛かりにくくなります。
そして、バッテリーの寿命についても覚えておきましょう。
使い方によっても違いますが、約2年~3年程度がバッテリーを交換する目安です。
いつ前回バッテリーを交換したかはっきりしないというような場合は、バッテリーの寿命の要因が考えられるため、新しいバッテリーに交換しましょう。

●オルタネーターの故障
オルタネーターというのは、発電機のことで、バッテリーに電気を作ってためる役目をしているもので、ダイナモとも言われています。
発電はバッテリーそのものが行っているのでなく、オルタネーターが発電しているため電気が作られます。
例えば、オルタネーターが充電器になり、バッテリーが電池の充電式のものになります。
バッテリーは常に充電と放電を繰り返しているため、オルタネーターが故障した場合には充電されなくなり、バッテリーで蓄電している電気を使用してしまうとエンジンは掛かりません。
さらに、この場合、エンジンが動いている際に止まる場合もあるため注意しましょう。
なお、最近のオルタネーターは性能がいいため、それほど心配する必要はないと言われています。
そのため、1度もオルタネーターが故障しないという場合も多いでしょう。
しかし、このオルタネーターも、使用方法や古い農機具などの場合には故障がたびたび起きるものでもあります。
実際に、古い農機具を使っていた人は、余程機械が良くなかったためか、故障が2回もあり、その都度オルタネーターを交換したそうです。
オルタネーターが故障した場合の状況としては、新しいバッテリーに交換すると1日程度はエンジンが掛かりますが、また次の日に掛からなくなります。
つまり、オルタネーターが故障しているため、バッテリーに充電されていないということです。
新しいバッテリーに交換したので問題ないと思っていると、またエンジンが掛からないというようになります。
新しいバッテリーに交換して、一回はエンジンが掛かったがまた掛からなくなった、というような場合は、オルタネーターの故障が想定されます。

●セルモーターの故障
セルモーターというのは、キュルキュルとエンジンを掛ける際に言うものです。
セルモーターが故障した時も、エンジンが掛からなくなります。
この場合は、基本的にセルモーターの交換が必要です。

エンジンが掛からない時の大きな理由としては、このようなものがありますが、買取査定の場合にはエンジンが掛からないと査定金額が低くなります。
そのため、普段からエンジンが掛かるようにしっかりとメンテナンスをしておきましょう。
またエンジンの掛からないトラクターのお見積もお気軽に農機具買取劇場にご相談ください。

ページトップへ戻る