農機具買取の豆知識
なぜトラクターは中古でも高く売れる??

以前は自宅でお米を作っていて、お米を作らなくなったので自宅に使わなくなったトラクター中古が眠っている」このような場合もあるのではないでしょうか。
このような場合には、トラクターの中古を高く買取してもらうのがおすすめです。
では、なぜトラクターは中古でも高く売れるのでしょうか?
トラクターの中古がなぜ高く売れるか不思議に思うと思います。

●農機具の中古の買取業者は国内外に幅広いチャンネルを持っている
トラクターの中古が高く売れる理由は、トラクターなどの農機具の中古の買取業者は販売する幅広いチャンネルを持っており、国内で販売する以外に販売ルートを東南アジアやヨ-ロッパ、アフリカ諸国、アメリカなどの国外にも持っています。
日本の製品の品質レベルが高いことは、世界においても認められており、非常に日本の車などでも評価が高くなっています。
農機具の場合でも、日本の製品は人気が非常にあります。
海外の業者においては、すでに日本においては型式が古くなった1980年代~1990年代の農機具が特に高い人気になっています。
最新型の多く電子制御などを使ったものに比較して、シンプルな構造であり、保守が容易であるためです。
日本の場合には、農機具が中古になったということで買替するようなものでも、発展途上国などの場合には農機具として現役で活躍できます。
少し傷がついていたり、錆があったりしても、喜んでそれぞれの国の農機具店が買取するそうです。
数十年も前の農機具が現役として販売されているのは少し信じにくいですが、これは真実です。
買替するような農機具の中古の場合でも、整備を少しするとまだ活躍できるため、丈夫にしっかりと製造されている日本の製品の高い品質レベルを再認識させられます。
また、使用できる場合は大切に修理して長く使用するという日本の古き良き伝統が、農作業の国外の現場で受け継がれているのは非常に素晴らしいことでしょう。
日本の農機具の中古は、このようなメリットがあるので、需要がある国外で販売できます。
買取した農機具の中古は、メ-カ-、年収式、型式、状態などによって、最も適したマーケットへそれぞれ売られて活躍しています。

● 古い型式の農機具の方がメンテナンスが簡単にできる
古い年式の農機具は、一般的には売らないで廃棄するでしょう。
では、なぜ古い年式の農機具でも買取できるのでしょうか?
実は、古い年式のトラクタ-などの農機具の需要は、国内よりも海外の方が多く、圧倒的に輸出台数の方が多くなっています。
コンピューターが搭載されている複雑な新型の農機具よりも、簡単な構造の古い型式の農機具の方が、メンテナンスが簡単にできるため人気になっています。
発展途上国の東南アジアなどの農村においては、農機具は複雑なものよりも整備が簡単にできる方が重視されています。
万一故障した際に、整備士をその都度呼んで修理をするような農機具よりも修理が簡単にできる方がいいでしょう。
さらに、数十年落ちの農機具の方が、型式が古くなっている分安い価格になるため好まれています。
このような理由から、マーケットにおいては数十年も昔の古い農機具が取引されています。
どのような古い農機具の場合でも、全て確実に買取するということは難しいかもしれません。
しかし、古い農機具を廃棄したい場合には、一度農機具買取劇場にご連絡ください。
古い農機具であるため、廃棄するしか方法がないというように考えないで、まずは農機具買取劇場に依頼お願いします。
査定してみると、思っても見なかったような金額で高く買取してくれるかもしれません。

ページトップへ戻る